東京ノスタルジア

看板建築、出桁造り、下見板張り、レトロビル、土木遺産などを記録するブログ。

佃の寄棟造三階建看板建築 中央区佃

IMG_1113

清澄通り沿いに建つ銅板張り看板建築のひとつで、三階部分の前後にルーフバルコニーがある造りになっている。
日本オウキッド漁業、田中商店/佃2丁目 - ぼくの近代建築コレクション 
によると、以前は日本オウキッド漁業というテントが張られていたようだ。
隣は最近まで間口の狭い出桁造りのたてものがあったが、写真の通り解体されマンションが建設されている。中央区佃2-21 2019.6.22撮影

旧林ランドリー 杉並区和田

DSCN1262

中野鍋屋横丁から妙法寺に向かう古道、堀之内妙法寺道沿いにあるモルタル仕上げの看板建築。
並びの理容店とともに既に仕舞屋状態であった。2017~18年の間に解体され現存せず。杉並区和田1-61 2016.3.26撮影

正札堂化粧品店 所沢市元町

IMG_1101

IMG_1100

県道179号線元町交差点のそばにある現役の化粧品・雑貨店。モルタル人造石洗い出し仕上げで石造建築を模した看板建築。昭和2~3年(1927~28年)頃の建築とされる。
所沢市元町23 2019.6.16撮影

斉藤不動産 豊島区南大塚

DSCN0358

大塚駅から小石川方面に抜ける都道436号線沿いにあった下見板張りの店舗併用住宅。
撮影時には既に仕舞屋状態であった。2014年~2015年の間に解体され現存せず。
現在はエヴァーグリーン大塚というマンションになっている。
豊島区南大塚2-39 2012.6.26撮影

星野屋商店・老饕檯 港区白金

IMG_0420

白金北里通り沿いは戦災の被害を免れ、大正から昭和初期のたてものが現存している
地域であるが、その中で北側に看板建築の二軒長屋が二棟並んでいるうちのひとつ。
モルタル仕上げのパラペットには夕顔と巻物と思われる装飾が施されている。
港区白金5-14 2019.4.7撮影