東京ノスタルジア

看板建築、出桁造り、下見板張り、レトロビル、土木遺産などを記録するブログ。

ユタカ商店・(有)森貞(もりてい) 台東区小島

IMG_3605

この周辺は戦災被災を受けていない地域だが、さすがに清洲橋通り沿いは戦前の木造建築も少なくなっている。その中でファサードのかたちはそれぞれ改変されているが、 銅板貼り看板建築の名残をとどめているたてものがこちら。
台東区小島1-6 2017.12.13撮影

三英印章 ほか 杉並区西荻南

IMG_0347

西荻南中央通り沿いにあり、蛇腹を使って三層となっている看板建築。パラペットは山形模様に塗り分けられ、二階部分はスクラッチタイルを貼っている。
「杉並たてもの応援団が選ぶまちかどの名建築」(2017)によれば、昭和5(1930)年築。杉並区西荻南2-24 2019.3.25撮影

 

石川硝子店 豊島区池袋本町

IMG_2913

池袋から板橋・仲宿方向へ向かう古い道沿いにあるプリミティブなスタイルの看板建築。2018~2019年の間に解体され現存せず。このあたりは戦災焼失地域なので、戦後すぐのたてものであったのだろうか。2017.9.10撮影。豊島区池袋本町3-2。

大黒屋・あさのや 品川区北品川

DSCN2256

品川駅東口の再開発で整備された高層ビル群を南に抜けると、昭和初期に埋立が完了したエリアがその当時の雰囲気を残したまま存在する。目黒川の改修と河口のつけかえに伴う土砂による埋立で、東側の比較的大きな区画には近隣の歩行新宿から移転してきた料亭、西側の小さな区画には写真のような商店や住宅が立地していた。
当然大きな区画の方から建て替えがすすみ、現在東側はマンションやオフィスになっている。
なおこちらの商店群も2017~18年に解体され、裏手にある木造民家が残るのみになった。品川区北品川1-21 2014.8.30撮影

カネボウ化粧品 ハシモト 品川区東大井

DSCN2083

旧東海道沿いにあったモルタル仕上げの看板建築。パラペットの幾何学模様が
モダンな印象。2014~2015年の間に解体され現存せず。品川区東大井1-3
2014.4.19撮影

綜合食堂 いづみや 渋谷区笹塚

 DSCN1176

笹塚、十号通り商店街にあった大衆食堂。2011年頃には閉業していた模様。
2017年に解体され、現存せず。馬蹄形のカウンターが印象的な店であった。
渋谷区笹塚2-10 2013.5.12撮影