三喜屋煎餅 葛飾区亀有

JR亀有駅北口からすぐのところにあった煎餅店。しばらくして亀の子煎餅と改称し、2015〜2016年の間に閉業、解体された。銅板張りの典型的な看板建築。2007.9.18撮影 葛飾区亀有5-34

庄司歯科医院 杉並区西荻北

JR西荻窪駅北口からほど近い、飲食店の多いエリアにあった木造平屋の洋風医院建築。2012年に閉院し、しばらくして解体された。2007.7.13撮影 杉並区西荻北3-19-11

明治印刷・同和製本 千代田区飯田橋

鋭角の角地を上手く活かしたデザインの印刷所とそれに隣接する製本所。コーナーのシャッターになっている部分は以前、二面に扉があった。2015年に解体され、現在はアパホテル飯田橋駅前となっている。2014.1.20撮影 千代田区飯田橋3-4 シャッター化前の状態…

大塚ビル(旧白木屋百貨店大塚分店) 豊島区北大塚

JR大塚駅からほど近いこの建物、パネルに覆われた外観からは戦後の建物のように見えるが、実は石本喜久治の設計による昭和12年(1937年)築の商業建築。残念ながら2017年に解体された。2016.10.2撮影 豊島区北大塚1-16-6

旧協立製本(株)第二工場・岡村紙工 文京区白山

文京区は印刷・製本関連の事業所の多いエリアだが、戦災を免れた旧丸山福山町にあるこの看板建築は数年前まで現役の製本工場だった。文京区白山1-10 2018.6.3撮影

岩瀬博美商店 中央区銀座

古くは木挽町と言われた銀座の東側のエリアは、戦災を免れた建築が点在している。スクラッチタイルを身に纏ったこの建物は昭和3年(1928年)中村庸二設計のもの。中村庸二については孫の耕三氏によるこちらが詳しい。中央区銀座1-28 2017.6.12撮影

ヨシケイハウスほか 杉並区高円寺南

高円寺駅南口を出て、桃園川緑道を越えルック商店街に入ると戦災焼失していないエリアになり、現在でも希少ながら古い建築が残っている。その中でもこちらの銅板貼り看板建築は装飾も凝っていて見応えがある。右側のヨシケイハウスは以前東洋シューズという…

光陽楼ほか 台東区根岸

台東区・金杉通り沿いは戦災を免れた地域だったので、近年まで出桁造りや看板建築の商家が残存していた。マンション建設などでその数も減少しており、この二軒長屋は二棟残る銅板張り看板建築のうちの一つ。台東区根岸3-1 2018.2.28撮影

鳳山酒店 文京区目白台

清戸道(現目白通り)沿いに建つ大正12年(1923年)築の出桁造りの商家。西側(写真右)の路地を入ると有名な富士見坂・日無坂である。文京区目白台1-15 2017.12.4撮影

大塚 鳥忠 豊島区北大塚

大塚駅から近くビル化が進むこの地域であるが、看板建築の大衆酒場が残っている。創業40余年ということなので、建築当時は別の業態だったかもしれない。豊島区北大塚2-13-5 2017.9.10撮影

【遠征編】森田金物店(旧千代田屋) 静岡県三島市

昭和5年(1930年)の北伊豆地震で大きな被害を受けた三島町(現三島市)。復興の中で、三嶋大社を中心とした地区に看板建築が多く建てられた。パラペットが半円状にカットされたデザインが特徴的なこの店舗は、当初洋品店であったという。昭和7年(1932年)…

魚玉 渋谷区渋谷

渋谷・金王八幡宮そばにある元鮮魚店。今では名前を変えず持ち帰り弁当店になっている。数年前まで鮮魚 魚玉と書かれた白看板が掲げられていた。渋谷区では希少な銅板貼り看板建築である。渋谷区渋谷3-2 2018.5.7撮影

木下晴書堂 北区中十条

旧岩槻街道沿いの角地にあった仕舞屋。現存せず。これを撮影後しばらくして解体された。北区中十条3-3 2016.11.28撮影営業していた当時に書かれたブログはこちら。

中央食品(株)水産部 中央区築地

銅板を身に纏う築地の店舗併用住宅。中央区築地7-12 2018.4.29撮影

金子商店 豊島区東池袋

並びの生駒軒同様、東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業に伴い、解体され現存せず。豊島区東池袋5-19 2015.5.6撮影

目白日立独身寮(旧学習院昭和寮) 新宿区下落合

目白日立クラブの裏手にあり、2018年に入ってから解体の始まった独身寮の在りし日の姿。夕日に染まる白壁がなんとも良かった。昭和3年(1928年)築、宮内省設計。2017.1.12撮影 新宿区下落合2-13

翠光社 港区三田

写真事務所として使われているこの住宅は、この地域では珍しい門構えのある屋敷形式。元々は鳶の親方の住宅で鳶道具を収納する地下室があるという。 昭和12年(1937年)築。港区三田1-10 2018.3.14撮影

道玄坂の看板建築 渋谷区道玄坂

副都心渋谷で、繁華街でもある道玄坂の中程に2014年まで残っていた有名な看板建築。二軒長屋が三棟並ぶ形で、各々の意匠を変えている。この時すでに防護ネットに覆われ、解体も間近いのかな、と思っていたら東日本大震災後まで持ちこたえた。もっと記録に残…

K邸 千代田区富士見

飯田橋駅からほど近い坂上にあった住宅。門柱のアール・デコ風のデザインが目を引く。その門柱の表札には麹町区の記載がなされており、住宅自体も戦前のものである可能性が高い。富士見二丁目北部地区の再開発(飯田橋プラーノ)からは外れたが2010年頃解体…

理容ヒカリ、他 文京区本郷

新壱岐坂の北側に寄り添うように残っていた出桁造りの理容店と銅板貼り看板建築。理容店の方はしばらくして解体された。2016.8.13撮影 文京区本郷1-25

東洋ランドリー月島店 中央区月島

清澄通り沿いにある銅板貼り看板建築。近年では居酒屋や寿司小売店がテナントだった。現在はクリーニング店。江東区月島3-14 2018.2.4撮影

松井畳店 品川区東大井

大井町駅東側を南北に走る尾根道である見晴らし通り。この通りには戦前築と思われる商家が何軒か残っているが、そのうちの一つ。品川区東大井3-11 2017.10.30撮影

生駒軒 豊島区東池袋

撮影時既に閉業していた街場の中華料理店。日出優良商店会の一角にあった。東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業に伴い、解体され現存せず。豊島区東池袋5-19 2016.8.24撮影

路地裏の小さな仕舞屋 中央区築地

旧小田原町域にあった小規模な出桁造りの建築。建具の高さ等から戦前のものと思われる。現在は解体されてしまった。中央区築地7-13 2016.9.21撮影

理容オオシバ・東京みらい不動産 新宿区西早稲田

早稲田通りでは貴重な看板建築の一つであったが、2017年夏に解体されてしまった。新宿区西早稲田3-1 2017.5.8撮影

斎藤商店・タキガワ 中野区江古田

江古田氷川神社の門前商店街にある出桁造りの商店。店舗に併設されている公衆電話も今では珍しい存在。中野区江古田2-12 2017.10.8撮影

榊原商店 文京区根津

根津の不忍通り東側、藍染大通り沿いにある店舗併用住宅。銅板張り看板建築であるが、文京区歴史的建造物(近代)悉皆調査報告書(1999)によれば明治8年築とされる。文京区根津2-31 2017.10.5撮影

末広会商店街の銅板貼り看板建築 台東区台東

K邸 台東区台東3-21 旧米店 台東区台東3-11 この商店街のある旧下谷区竹町は戦火を免れた地域であり、戦前建築が散在している。 リフォームでファサードが大きく改変されているものが多く、銅板貼り看板建築のスタイルを 保持している物件は珍しくなってきた…

旧中山道沿いの銅板貼り看板建築 北区滝野川

板橋・北両区内を貫く旧中山道沿いは古い建築がまだ残存しているが、その中でも銅板貼りのものは貴重な存在だ。現在はMatthewというヘアサロンが入居している。北区滝野川6-13 2017.9.10撮影

F邸 文京区大塚

春日通りと坂下通りに挟まれた崖の途中にある下見板張りの住宅。文京区大塚5-16 2017.9.10撮影 門柱にあった表札から戦前の住宅と思われる。